注意しよう一人暮らしの注意点

注意しよう一人暮らしの注意点

一人暮らしでOLさんが実家のアパートにはいってきました。
いかにも女の子の部屋としたかったらしくカーテンから冷蔵庫から何から何までピンクにしてしまいました。
鍵を前の人のままにしていたので夜中に前の住人がはいってきたようです。
当然寝ていた彼女は「キャー」と叫びました。
隣の住人が気がついて来てくれたそうで事なきを得たのですが、
女性の一人暮らしは女性の一人暮らしだと気づかれないようにしたほうがいいです。
よく男物の下着を買ってきて干すという人がいますが、そのほうがいいと思います。
1枚だけだと女性の1人暮らしだなとわかってしまうので数枚用意しておきましょう。
うちは公団ですが、よく勧誘が来ます。
聖書関係の人や新聞屋さんが主なのですが、アクセサリーを見せてくださいとか、保険屋さんもきます。
生協や食材の宅配の人も来ます。
たいていはインターホンで受け答えして開けないのですが、
昼間主人のいないときに勧誘が来ることが多いです。
友人は玄関の横の窓を開けて空気をいれかえていたらおじさんがのぞいていたと言っていました。
何かと物騒なこの世の中、防犯カメラや玄関が見渡せるものを買ったり、
宅配便だと言われてもくるあてのない時間に来た宅配便にはでない方が賢明なのかもしれません。

不在通知をおいていってくれるので来る時間がわかってからドアをあけるようにしたほうが安全です。
男性の場合はすこしは安心ですが、いろいろな勧誘が来るのであまり勧誘の場合はドアをあけないようにしましょう。
最近ではオートロックだから安心と思われているマンションでも住人の人についてはいれてしまうので
必ず安全とは言えません。
窓にロックできるものをつけるとか一軒家の人はドアに2つ鍵をつけるとか対策をしたほうがいいと思います。